4000年前から使われ続けている漆喰仕上げ

005-東京都町田市能ヶ谷-木造注文住宅-深建工房-リビングダイニング-2000-1000

一般の建売住宅やアパート・マンションなど、多くの建物で壁や天井をビニールクロスで仕上ています。安価な上に美しく仕上がる一方で、ホルムアルデヒドなどの化学物質が含まれているので、深建工房では日本古来から使われているオリジナルの漆喰を使って仕上げています。

漆喰は、カビを防止する殺菌機能がありますので、梅雨時に洗濯物を部屋干ししてもいやな臭いになりません。

漆喰が建造物の仕上げ材として使用されたのは、今から約5000年前のこと。エジプトのピラミッドの壁に使われたのが初めてと言われています。約4000年前に発祥した古代ギリシャ文明や、約2500年前ローマ時代の建築物、アクロポリスの神殿やポンペイの遺跡などでも、建造物の仕上げ材として漆喰が使われています。

日本では、約1300年の藤原京時代です。奈良県明日香村の高松塚古墳に、漆喰に描かれた壁画が現存しています。キトラ古墳の壁画も、同様に漆喰に描かれています。

漆喰は、消石灰を主成分とした建材です。消石灰は、サンゴが堆積して固まったものです。学校のグランドに真っ白なラインを引きますが、その白いラインが消石灰です。強アルカリ性のため、有機物を分解する殺菌機能があり、細菌の生育・増殖を抑え、カビやダニの発生を防止します。

石灰石は、珊瑚が堆積して長い年月をかけて凝固したものです。石灰石が採れる地域は、太古の昔、珊瑚礁が広がり熱帯魚が泳ぐ、沖縄のような亜熱帯の海だったのです。

石灰石は、炭酸カルシウム(CaCO3)が主成分となります。この石灰石を焼成すると、二酸化炭素が揮発して、生石灰(酸化カルシウム:CaO)が生成されます。この生石灰に加水することで、水和反応が起こり、漆喰の主材料となる消石灰(水酸化カルシウムCa(OH)2)が生成され、漆喰となります。

漆喰が内装仕上げ材として建物に塗られると、消石灰は空気に触れ、乾き、時間の経過とともに二酸化炭素(CO2)を吸収し炭酸化し、石灰石となります。人の手間を掛けて加工し、漆喰仕上げとして使われた素材は、元の姿に戻るのです。

漆喰の特徴

調湿機能

漆喰は、人が快適と感じるように湿度をコントロールしてくれる調湿機能を持っています。梅雨時など部屋の空気の湿度が高い時は空気中の水蒸気を吸収し湿度を下げてくれます。反対に、冬場など湿度が低い時には水分を放出し湿度を上げてくれます。

漆喰の素晴らしいところは、吸湿を始めてから短時間の間に、空気中の湿気を吸収してくれることです。急に雨が降った時や梅雨時など、部屋の空気が湿って、湿度が高い場合には、漆喰の調湿機能を発揮します。結露の発生を抑制しますので、建物を長持ちさせ、快適な室内環境をつくります。

化学物質吸着除去機能

家造りを進める上で、ホルムアルデヒドなど化学物質の発生を、できるだけ抑えることを心がけています。

化学物質をゼロにすることも可能ですが、家が出来た後に雑貨や日用品を持ち込むことで揮発性有機化合物が発生します。

漆喰は揮発性有機化合物の吸着力を使うことで、化学物質の発生を限りなくゼロに近づけることが可能になりす。

消臭機能

漆喰を使って仕上がった家には臭いがありません。料理の臭いや鰹節の臭いなど生活臭を感じないのです。家が出来て10年以上も経ちますが家を訪れると新築当時さながらの木の香りがします。

ペットを室内で飼っていてもほとんど臭いがしません。漆喰はタバコやペット、生ごみなどの生活臭を吸着し分解します。

抗菌機能

漆喰の主成分である石灰は非常に強い殺菌機能があり、インフルエンザ菌も99.9%殺菌します。鳥インフルエンザが発生すると鶏舎とその周辺に石灰を撒きます。

白い石灰が散布されている映像をテレビのニュース番組でご覧になったことがあるかと思います。

室内干し洗濯物が嫌な臭いしない

梅雨時に室内で洗濯物を干しても洗濯物がいやな臭いになりません。

漆喰の抗菌機能と消臭機能が働いているためです。

風邪やインフルエンザにかかりにくい

近年、漆喰で壁や天井を仕上げた家で暮らしていると、風邪やインフルエンザにかかりにくいという事例が報告されています。

株式会社深建工房が施工した家にお住まいの方へ「いかがですか?」と聞いてみると、皆様口を揃えて風邪を引きにくくなったとおっしゃいます。皆様の笑顔、そして健康の面でも”漆喰”は活躍しています。